SASAKI INDUSTRIES RECRUIT2018 | 佐々木工業株式会社

想いは素敵なカタチになる

07 CAESAR

コンテンツへスクロール

「トップには寛容が必要である。」

佐々木 八大

代表取締役

趣味/読書(塩野七生、大佛次郎)。食べ歩き。スポーツ観戦。

GAIUS JULIUS CAESAR

シーザーが好きだ。

私が好きなガイウス・ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)は、ローマの礎を築いた英雄です。その手腕や残された言葉には、経営者として学ぶところが多くあります。

トップに求められるもの。

多くの人種、民族、宗教、文明が存在していた地域をなぜ長年統治できたのか。一言で「寛容」の精神があったからこその偉業。「寛容」とは(1)心が広くて、よく人の言動を受入れること。(2)他の罪や欠点などを厳しく責めないこと。(3)異なる意見や行動などを許容すること。

clemency(英)の語源となったラテン語の「clementia」私は、特にこの言葉が好きです。

機会平等、大事なのは向上心。

自分にない部分と意識しているので、カエサルに憧れるのかもしれません。仕事の上では、極力、個々を尊重し、任せるところは任せる、というスタイルです。ただ、工場や現場は危険な作業が伴うので、仕事への集中力を求めます。この会社は、お互いを尊重し、レベルの向上も追い求め、成長できる環境です。失敗を恐れず、前へ前へと挑んでいきましょう。できる人は必ず評価しますし、能力によって大企業を越える待遇もします。

この世界をいかに面白く活きるか。この世界にいかに挑戦するか。共に考えていきましょう。

未来へのドアは開いている。さあ一緒に話しをしよう。

私と一緒に自分自身を成長させようという意気込みのある人、求めます。会社の未来を思い描き、一緒に創っていきませんか。私とそんな話をしてみませんか。ぜひSKのドアをノックしてみてください。

PREVINDEXNEXT
ページトップへ
このエントリーをはてなブックマークに追加